HOME > News

ニュースリリース

IIoTの新たな扉を開ける
自立電源型防爆用ビーコンの認証取得

2018年 11月 9日

今般、国内初の防爆仕様、特にゾーン0,ゾーン1でも使用することができる本質安全防爆構造のBLEビーコンを開発(防爆認証取得)しました。 本製品の重要な特徴は、室内光でも高効率に発電する光発電素子のエネルギーを自立電源とすることにより、 電池交換不要で稼働する防爆用ビーコンを実現したことです。

ビーコンは位置情報を提供するもので、国内ブランドの保守保全管理の強力なツールとなる事から、 すでに多くの防爆仕様を必要とするプラントメーカー等から、設備内における総合的なシステムを含めて問い合わせをいただいております。 一般的にBLEビーコンシステムに関しては、エッジデバイスを含め、依頼先の要望に合わせた全体システムの構築を含めた開発が行われます。

また現在、防爆仕様のその他センサ内蔵のモジュール製品も開発し、 防爆認証申請の準備に入っており、防爆仕様の様々な自立電源型センサデバイスを今後は提供してまいります。


防爆用BLEタグ
防爆用ビーコンカタログへ

●ビーコンとは・・・

発信側のビーコン端末とビーコン端末からの受信に対応した受信機との組み合わせでできています。 建物内などの人や物の位置情報が取れることが特徴の一つです。大まかに2つの機能があり、
1つは、受信デバイスが、ビーコンの発信領域内に入ったこと、出たことを探知する機能で、
2つ目はビーコンの領域内にいる受信デバイスと、ビーコンの間の距離を段階に分けた探知ができることです 。これによって、受信デバイスを持つユーザーのリアルな位置を把握し、 現時点でその場所にいる人にだけ情報を届けることなどもできます。

ビーコンは位置情報を提供するもので、国内ブランドの保守保全管理の強力なツールとなる事から、 すでに多くの防爆仕様を必要とするプラントメーカー等から、設備内における総合的なシステムを含めて問い合わせをいただいております。 一般的にBLEビーコンシステムに関しては、エッジデバイスを含め、依頼先の要望に合わせた全体システムの構築を含めた開発が行われます。




  防爆用ビーコンおよびその他ソリューション開発に関するお問い合わせ
                            担当:若林



▲ページトップへ